いぼの種類、原因、有効な治療法を知りましょう

altを入れて下さい

液体窒素での冷凍凝固法

いぼの治療法として皮膚科などで一般的に用いられている方法が、液体窒素を使った冷凍凝固法です。
この治療では、簡単には凍結と融解を交互に繰り返すことでいぼを除去することが行われています。

マイナス200度程度の超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、患部を急激に冷やすことでいぼを壊死させます。すると、壊死した部分では新しい皮膚細胞が細胞分裂を行い、新たな皮膚の再生が行われます。
このように、肌のターンオーバーを利用してウイルスに感染している細胞を上に上にと押し上げていき、いぼの芯を根絶するのがこの治療の目的です。

液体窒素を使ったこの療法は、一度の施術で完治するわけではありません。
いぼの症状にもよりますが、繰り返し何度かの施術が必要になります。
多くの場合には、三週間ほどの間隔をあけて治療を行っていきます。いぼの状態がひどい場合には、10回以上の施術をすることも珍しくはありません。
最終的に、かさぶたとして残った芯の部分をカミソリなどで削って完了となります。

この方法が優れている点として、まず、保険が適用されるということがあげられます。
皮膚疾患の治療では、保険が適用されない治療も数多くある中で、保険が適用されるというのは大きなメリットなのではないでしょうか。