いぼの種類、原因、有効な治療法を知りましょう

altを入れて下さい

いぼの原因

いぼの原因はヒトパピローマウイルスというウイルスです。
日本語では、ヒト乳頭腫ウイルスといいます。
このウイルスには、様々な種類があります。

人間の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三層でできています。
表皮は、最も外側にある層で、角化細胞と呼ばれている細胞が何層にも重なってできています。一番外側にあるのが角質層で、その下が顆粒層、そのさらに下が有棘層、一番深くにあるのが基底層です。このように、何層にも重なりを持つことで、皮膚は外部からのウイルスの侵入や細菌感染を防いでいるのです。
いぼの原因となるヒトパピローマウイルスも、本来であれば正常な健康な皮膚には感染しないとされています。しかし、免疫力が弱っていたり、皮膚の表面が傷ついていると、ウイルスの侵入を許してしまい、感染してしまうのです。
ウイルスに感染した基底層の基底細胞は、細胞分裂が活発になり、まわりの正常な細胞を侵食して増殖してしまうといわれています。このようにして感染した細胞の塊が、いぼの正体なのです。
顔や首、胸元、わきなどの皮膚が柔らかくて弱いところは、特にこのような経路での感染が多いとされています。